SSブログ

坂下千里子 首の血管に見つかったプラークから考える「ママ・リスク」とは

「主治医が見つかる診療所」に出演、坂下千里子さん。

首の血管に心配な部分が見つかりました。


<スポンサードリンク>







番組の検査で、

「首の血管の狭窄」

と診断された坂下千里子さん。


左の頚動脈に「プラーク」が見つかったそう。


「プラーク」とは血管の壁にコレステロールが入り込み、

膨らんだ部分のこと。

このプラークに血液がこびりついて固まりとなり、それが

何かの拍子にはがれて脳に流れて血流をとめたりすると、

脳梗塞になったりするリスクがあるそうです。


しかし、違和感がありますよね。

坂下さんといえば、痩せていて、とてもスタイルの良い

人です。

悪玉コレステロールの値が高くなっているような人には

とても見えないですよね。


実際の血液検査では、悪玉コレステロールの値に異常は

ないということでした。


だとすれば、何故プラークなんて出来てしまったのか。


実は悪玉コレステロールの値を善玉コレステロールの値で

割ったLH比に異常があったということでした。


これが2.0以上だと、コレステロールの蓄積が増え、

動脈硬化などのリスクが高まるということでした。


<スポンサードリンク>





そして、坂下さんの値は、正に2.0以上だったわけです。


要は、善玉コレステロールと悪玉コレステロールの

バランスが崩れていたということですね。


何故このようなことが起こったのか。


坂下さんには小さなお子さんがいて、毎日お弁当を

作っているわけです。

その際にハンバーグやウインナーなど子供の喜ぶものを

詰めるですが、余ったそれらをよく口にしているせいで、

知らず知らず栄養が偏ってしまっていたのではないか、

ということでした。


なるほど。


難しいですよね。

ママはつくづく大変です。

ハンバーグやウインナー、これらは大人に

なっても美味しく感じられる食べものですから、

目の前にあれば、分かっていても口に入れてしまう

のかもしれませんね。


私の祖父は痩せていましたが、血管の病気で

亡くなったことを思い出しましたよ。


野菜をたくさん食べなさいということなんでしょうね。


今日本一の長寿県は長野県だそうですが、長野の人は

日本で一番野菜を食べているそうですね。





<スポンサードリンク>



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます